実験マクロ経済学

著:川越敏司 著:小川一仁 著:佐々木俊一郎

2,376円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。・世界初!マクロ経済学に関連する実験を集めた本紙幣とインフレーション、貨幣錯覚、期待形成、価格の粘着性、経済政策の裁量とルールなど、重要な概念がよりよく学べます。・30以上の実験を紹介!重要かつ先端の実験を一覧できる便利な本。学部生のためのテキストとしてだけでなく、大学院生にも読んでほしい一冊。・『実験ミクロ経済学』と併せて使ってほしい!2012年に弊社より刊行された『実験ミクロ経済学』と併せて読むと、実験経済学のケーススタディ集として、より多くの情報を得られます。【主な内容】第1章一般均衡モデル第2章消費関数第3章リカードの中立命題第4章貨幣の発生第5章紙幣とインフレーション第6章貨幣錯覚第7章期待形成第8章サンスポット均衡第9章価格の粘着性第10章裁量とルール第11章金融政策の決定第12章投資関数と企業の資金調達第13章R&Dとスピルオーバー第14章経済成長と貧困の罠第15章国際経済

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード