さようなら、ミスター牛丼~安部修仁と吉野家の時代 ―週刊東洋経済eビジネス新書No.79

編:週刊東洋経済編集部

216円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

「うまい、やすい、はやい」で有名な牛丼の吉野家社長・安部修仁。ミュージシャンを目指して福岡から上京した青年がアルバイトとして入社し、社長になって22年。1980年の倒産、2004年BSE騒動による牛丼販売休止、激しい価格競争…。吉野家の浮沈をすべて見てきた男が、経営の第一線から退く。一つの時代が終わろうとしている。本誌は『週刊東洋経済』2014年8月9・16日合併号巻頭特集の14ページ分を抜粋して電子化したものです。●●目次●●安部修仁と吉野家の時代Interview吉野家ホールディングス会長安部修仁「規模は問題じゃない。肝心なのは存在感だ」

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード