魂の商人 石田梅岩が語ったこと

著:山岡正義

1,496円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あの稲盛和夫氏も注目!いまにわかに脚光を浴びる、石田梅岩の教えとは?ドラッカーより250年も早く「経営」の本質を説き、マックス・ウェーバーより200年も早く「経済倫理」をうたった“魂の商人”が江戸時代にいた!身分制度が厳然と定められていた江戸時代にあって、商人が利益を得るのはなんら恥ずべきことではない。そこには「道」がある、と説いた石田梅岩。「正直、勤勉、倹約、自立」という「人としていかにあるべきか」こそがもっとも大切であるとする「商人道」を広め、その教えはやがて「石門心学」として日本全国に広がっていきます。“経営のカリスマ”稲盛和夫氏も石田梅岩の説いた「利を求むるに道あり」を自らの哲学のひとつとして説いています。「日本型経営の元祖」として、現代の経営者やビジネスマンが、いま熱い視線を向ける石田梅岩のすべてをくわしく、わかりやすく説いた、渾身の一冊、ついに刊行!*目次よりプロローグ富への道を説いた“魂の商人”がいた第1章正直こそが、富をもたらす第2章勤勉こそが、安らぎをもたらす第3章倹約こそが、平和をもたらす第4章自立してこそ、強みを生かせる第5章天地自然に即して生きる第6章百年企業が、日本を強くするエピローグ日本よ、いまこそ“梅岩”に帰れ!

    続きを読む

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/03/08Posted by ブクログ

      江戸時代の商人で心学者である『石田梅岩』について、その教えの概要を、彼の生き様や、現在の実際にある商業のケースや企業紹介などを交えて、著者の山岡正義氏が説いています。
      先駆性に富んだビジネスマンで、か...

      続きを読む
    • 2019/01/01Posted by ブクログ

      ・何事もありのままに言うのがよい商人。
      ・自らをいましめる道徳観、内面の倫理やモラルこそが、商売を発展させるもっとも大切な要素。
      ・どう稼ぐかよりもどう使うかが大事。
      ・商いやビジネス行為の中には、お...

      続きを読む
    • 2018/12/03Posted by ブクログ

      会社の勉強会で輪読。ドラッカーは、日本の石田梅岩・渋沢栄一・鮎川義介の流れをそのまま書いている。日本人は、ドラッカーより梅岩を読んで欲しい。

    開く

    セーフモード