駅弁味めぐり事件ファイル 乳頭温泉郷殺人情景(小学館文庫)

著:風見修三

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    矢島耕平は、地域活性の企画イベントを請け負うプランナー。大手リゾート開発会社「森野ホールディングス」のCEO森野昭三郎に請われ、同社が経営する秋田・乳頭温泉郷近くの「沢の宿」再建に携わることになった。しかし現地を訪れた直後「沢の宿」の宿泊客が水芭蕉の群生地で他殺体となって発見される。森野ホールディングスの後継争いが事件の背景にあるらしいと気づいた耕平は同僚の相沢結女と調査を進め、発端が16年前に東京・杉並区で起きた放火殺人にあることを知る。駅弁の食べ比べを愛し、日本中を飛び回る青年の活躍を描く。

    続きを読む

    レビュー

    2.6
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/12/09Posted by ブクログ

      出版社またぎ企画、シリーズ3弾。今回は上司と同伴での出張のため、遅刻はなし。旅館の再建プランの企画を任される。その旅館の夕食の席で、1人の男と揉め事があり、その男の死体が発見される。旅館の経営者の後継...

      続きを読む
    • 2018/02/05Posted by ブクログ

      地域の活性化を! という依頼を受けて行った先で
      人が殺され、犯人として女将が連行された。

      女将と兄弟のどちらかを結婚させて跡継ぎとする…と
      ひそかに父親がもくろんでいるのがばれたのは
      どこからだった...

      続きを読む
    • 2013/02/13Posted by ブクログ

      乳頭温泉にそのうち行きたくて手にとった。火曜サスペンスとか土曜ワイド劇場とかでありそう。駅弁シリーズというには駅弁ファンの心を掴むに足りるのだろうか。

    セーフモード