「経理・財務」これでわかった! 世の中を幸せにする「日本流」の考え方とは?

著:金児昭

750円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「サブプライムローン問題」「世界同時株安」……世界経済の混乱の中、「儲け至上主義」の欧米流ファイナンスの限界が明るみに出てきている。そんな中で見直されているのが、実は日本型の経理・財務。本書はその第一人者が、「日本型の経理・財務とは何か?」を語るものである。その基本的な考え方や特徴はもちろん、決算書の読み方や税務などの実務知識も網羅。ベテラン経理・財務マンにも、初心者にも役立つ内容になっている。また、最近の経済・金融問題の本質を掴むための情報も満載だ。「日本型の経理・財務」が、世界経済を救うワクチンになる!

    続きを読む

    レビュー

    3
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/04/17Posted by ブクログ

      経理一筋38年の筆者が、「日本の経理・財務」について綴った本。
      日本における経理に対する考え方が、サブプライム問題などに代表される金融問題へのワクチンに成り得ると考え、その為にはどのようなスタンスで仕...

      続きを読む
    • 2013/10/13Posted by ブクログ

      税効果会計の部分はよくわからなかった。税務、財務の所得、損金、利益、費用の考え方はスッキリしてわかりやすい。
      財務の役割は仕事に参画し、バックアップすること。事業で得た財産を守ること。世界経済経営金融...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/06/09Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード