吾輩も猫である

著:森本哲郎

650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    吾輩も猫である。名前は小次郎という――夏目漱石の『吾輩は猫である』から百年、同書をこよなく愛する著者が、愛猫四匹と暮らす日常を主人公の小次郎の視点から描いた長篇小説。日常雑感のような体裁をとりながら、古今東西の名作についての考察や現代文明批評まで、その話題は幅広く、深い。主人である元新聞記者とはむろん著者がモデルだが、その知的生活の一端がうかがえる教養小説の趣もある。小次郎の名前は、主人の愛読書『宮本武蔵』の佐々木小次郎から命名されたもの。武蔵・伊織・大和ら他三匹の猫と暮らす小次郎は、主人やその家人、個性豊かな訪問客の面々の会話や特徴を、ウイットに富んだ眼で観察し、ユーモラスに語る。肩の凝らない読み物として、また猫好きの人には猫たちの愛らしい挙措とややシニカルな語り口が、楽しい作品に仕上がっている。かわいい猫の挿画との相性も絶妙。ふだん小説は読まないという人にも、ぜひおすすめしたい好著。

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/10/11Posted by ブクログ

      漱石の猫のほうが好みだけど、現代版にするとこんな感じなるのかなぁと思いました
      ねこかわいい!
      寒月くんの話がでてきたり、ところどころに漱石猫のエッセンスが入っていて嬉しかったです^^

    • 2012/01/19Posted by ブクログ

      漱石の猫のほうが好みだけど、現代版にするとこんな感じになるのかなぁとも思った。
      ねこかわいいモフモフ!
      寒月くんの話が出てきてうれしかった♡

    • 2011/10/18Posted by ブクログ

      説明する必要もなさそうですが、夏目漱石の「吾輩は猫である」のパロディーです。小説よりもエッセイに近い内容になっていました。飼い家の主人(元新聞記者・元大学教授)と、訪ねてくる知人たちの会話を猫が聞いて...

      続きを読む

    セーフモード