【最新刊】疎遠の妻、もしくは秘密の愛人

疎遠の妻、もしくは秘密の愛人

1冊

クリスティン・メリル 翻訳:長田乃莉子

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    たとえ名もなき愛人でもいい。顧みられぬ妻でいるよりは……。許婚の伯爵エイドリアンと結婚したエミリーは、新婚生活への期待に胸を弾ませた。なぜなら、夫は初恋の人だから。ところが、まもなく彼はロンドンに行ったきり戻ってこなくなった。3年の月日が流れたある日、彼の強欲な従弟が屋敷に乗りこんできて、跡継ぎが生まれないなら爵位と所領は我が物になると言われ、彼女は思わず口走った。「私のお腹には、伯爵の子がいます」かくして一刻も早く子をもうける必要に迫られた彼女は、歓迎されないことを承知でロンドンへ向かった。だがそこにいた夫はほぼ視力を失い、彼女が妻だとは気づかなかった!エミリーは考えた。夫の愛を取り戻すには、このまま正体を隠して……。■『シンデレラと不機嫌な公爵』で華々しい日本デビューを飾ったクリスティン・メリル。今後の活躍が大いに期待される彼女が次にお届けするのは、夫に献身的な愛を捧げる伯爵夫人の物語です。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/30
    連載誌/レーベル
    ハーレクイン

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/04/10Posted by ブクログ

      報われなかった恋、放置された悔しさ、夫を手に入れるには伯爵夫人のエミリーではダメなのだという悲しい自覚から、夫を説得し連れ戻すというしごくまっとうな思考からズレて、彼女は名もない愛人という立場にトキメ...

      続きを読む
    • 2014/10/09Posted by ブクログ

      許婚の伯爵エイドリアンと結婚したエミリーは、
      新婚生活への期待に胸を弾ませた。なぜなら、夫は初恋の人だから。
      ところが、まもなく彼はロンドンに行ったきり戻ってこなくなった。
      3年の月日が流れたある日、...

      続きを読む

    セーフモード