松谷警部シリーズ (3) 松谷警部と三ノ輪の鏡

著:平石貴樹

794円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    元プロゴルファーの横手祐介が台東区三ノ輪の自宅で殺害された。発見者は横手に呼び出された元妻の佐々木鴻子。二人の間には娘がいてプロゴルファーを目指しており、その関係でよりが戻りつつあった。当夜、横手は葉賀開発の石井経理部長と会う予定で、現場に「いしい」と読めるダイイング・メッセージが残され、当の石井は消息を絶っている。この状況に加えて、横手が関わる斜陽ゴルフ場に融資した常磐銀行の営業一課長、横手を目の敵にするジャーナリストの死が相次いで報告され、事件は一挙に多層化して松谷警部らを困惑させるが……。これぞ謎解きの醍醐味、シリーズ最高峰、充実の第3作。

    続きを読む
    • 松谷警部シリーズ 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      松谷警部シリーズ 全 4 巻

      3,197円(税込)
      31pt獲得

    レビュー

    • 2014/02/09Posted by ブクログ

      すごくスマートで文章力構成力全体的にレベル高いな~と思って読み進めていたら・・東大の先生!!?やっぱり・・。小説ってほんとすぐわかるなあ。
      本格派!かっちり創られていてキャラクターも好感がもてる人ばか...

      続きを読む
    • 2016/10/26Posted by ブクログ

      松谷警部シリーズ。今回起こる事件は多重的で複雑。一見最初から犯人が分かっているようには見えるのですが。これであの人が犯人だなんて思うミステリファンは、いませんよね(笑)。
      軽妙な読み心地でさくさく進み...

      続きを読む
    • 2013/12/08Posted by ブクログ

       これ、オーソドックスで、ある意味「華の無い」直球の謎解きだけど、謎解きや関係者の証言といった長い説明を読むのが苦にならない、というのが素敵。登場人物のキャラ付けや会話の取り回しの工夫なんだろうけど、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001535207","price":"794"}]

    セーフモード