松谷警部シリーズ (2) 松谷警部と三鷹の石

著:平石貴樹

753円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    三鷹の堀越俊介殺害事件は無理心中の様相を呈し、松谷警部も当初捜査が難航するとは考えなかった。しかし白石巡査は納得しない。堀越の本命らしき女性の線から、次第に河口湖とカーリングに絡む諸々の事情が判明。堀越は長野オリンピック有力候補の木屋沢を事故に巻き込み、将来の芽を摘んでいた。カーリング場開設とクラブ結成の話が持ち上がった際に木屋沢はコーチに招かれ、土建屋&スポーツ用品店主の兄弟が一儲け企み……事実を積み上げても明確な方向性は見えなかったが、地道に聞き込みを続けた白石巡査はついに真相を看破する。ど真ん中の本格ミステリ、好評シリーズ第2作。

    続きを読む
    • 松谷警部シリーズ 全 4 巻

      未購入巻をまとめて購入

      松谷警部シリーズ 全 4 巻

      3,197円(税込)
      31pt獲得

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/08/21Posted by ブクログ

      シリーズ二作目。一見ただの無理心中で片付きそうな事件。しかしそこで見つかる小さな矛盾から、事件の真相をじわじわと追い求めるミステリ。まったりとしたムードながら、実に緻密に手がかりが提示されていくさまは...

      続きを読む
    • 2014/12/11Posted by ブクログ

      極めてオーソドックスな本格ミステリーで、どこかに破調が欲しい印象は前作と一緒でした。
      捜査過程の丹念な書きっぷりが心地良いですし、伏線が随所に張り巡らされていましたが、ロジカルの緻密さは前作の方が上だ...

      続きを読む
    • 2014/09/22Posted by ブクログ

      すごーく次の話を読みたくなる「読ませモノ」。
      とにかく次へ行きたくなります。
      マッタリさんの松谷警部のどこがマッタリなのか今一つわからず、イアイ巡査の決めも今一つぼんやりな感じが・・・。
      うーーん、何...

      続きを読む

    セーフモード