【最新刊】ネット社会の「正義」とは何か 集合知と新しい民主主義

ネット社会の「正義」とは何か 集合知と新しい民主主義

1冊

著者:西垣通

1,496円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「専門的エリート」によって独占された政治を、いかにして私たちの手に取り戻すことができるのか?ネットワーク化が進む社会における集合知の可能性を問い直し「アマチュアの知」が生きる新たな民主主義像を描く。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/17
    連載誌/レーベル
    角川選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2015/01/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/12/06Posted by ブクログ

      『ネット社会』というから、『ソーシャルネットワーク』の話かと思ったし、ほとんど関係なかった。てっきり炎上事件をとりあげて、『正義』とは何かを語る本だと思ったのだけど。
      そもそも、ネット社会というのがほ...

      続きを読む
    • 2014/11/24Posted by ブクログ

      恵与深謝。ネットの集合知を活用するために、自由主義原理/功利主義原理/共同体主義原理をゆるやかに統合した評価基準を提唱。

    セーフモード