生まれ出づる悩み

有島武郎

374円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    この作には白樺派らしい人道主義が、一筋に個性をのばす人間への隣人愛となってほとばしっている。「クララの出家」は現世にひかれる心を感じながら、神と共にある清浄な世界に憧憬する。共に、芸術への精進、聖なるものへの登高という武郎の霊的一面を代表する注目すべき作品。他に「フランセスの顔」「石にひしがれた雑草」併載。

    続きを読む

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/11/18Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/07/08Posted by ブクログ

      【生まれ出づる悩み】【小僧の神様】の二編。
      なんだかうだつのあがらない小説家の青年と、「君」と呼ばれる、画家を目指しつつも生活の厳しさから漁師をやめられない少年のお話。
      青年も少年もそれぞれに、う...

      続きを読む

    セーフモード