【最新刊】烙印の森

烙印の森

著者:大沢在昌

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私は犯罪現場専門のカメラマン。特に殺人現場にこだわるのは、“フクロウ”と呼ばれる殺人者に会うためだ。その姿を見た生存者はいない。何者かの襲撃を受けた私は、本当の目的を果たすため、戦いに臨む。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/17
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2012/09/12Posted by ブクログ

      芝浦の人気のない運河沿いに佇むBAR『POT』。
      毎夜、ここに集う様々な人間たち。
      ハイテク機械の改造マニア、元傭兵、ニューハーフの元ムエタイ選手。
      そして私は、犯罪現場を専門に撮り続けるカメラマンだ...

      続きを読む
    • 2010/12/29Posted by ブクログ

      ふぅ。烙印の森を読み終えた。ふだん読み馴れない文体で少々疲れた。省略を多投した簡潔な文章。省かれて説明されなかった言葉やセリフをこちらで補わねばならない。ハードボイルドというのは頭の回転の速い者の読み...

      続きを読む
    • 2015/07/25Posted by ブクログ

      大沢氏が送る、ノワール小説。
      最初から最後まで、暗い空気、重い雰囲気。これを日本を舞台にやれてしまうのは、さすがだな、と思う。
      その反面、やはり少し設定に無理が生じている。いや、もしかしたらわたしの...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000330570","price":"550"}]

    セーフモード