残照の剣 風の市兵衛 弐

辻堂 魁

759円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    《宰領屋》矢藤太の許に大店両替商《近江屋》から、唐木市兵衛を名指しで仕事の周旋依頼があった。蟄居閉門中の武州川越藩士に手紙を届けてほしいという。二人は川越藩に国替えの噂があり、資金調達のため圧政下にあると知る。異論を唱えた藩士も改易は必定、その時は江戸に迎えたいというのだ。市兵衛は矢藤太と共に川越へ赴くが、到着するや胡乱な輩に囲まれ……。

    続きを読む
    • 風の市兵衛 全 28 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      風の市兵衛 全 28 冊

      19,316円(税込)
      193pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(149件)
    • 2020/07/16

      内容(「BOOK」データベースより)
      唐木市兵衛に返り討ちにされた刺客の一族が、復讐を誓い市兵衛の身辺探索を始めた。一方、大坂に情が移り江戸への出立を渋る小春を、亡姉の親友お茂が訪ねてきた。幼馴染みが...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2017/08/02

      内容紹介

      夫を、父を想う母子のため、市兵衛、代官地を奔る!


      渡り用人・唐木市兵衛は、知己の蘭医・柳井宗秀の紹
      介で人捜しを頼まれた。依頼主は江戸東郊の名主で、
      失踪した代官所の手代・清吉の...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2017/06/27

      内容(「BOOK」データベースより)

      廃業した元関脇がひっそりと江戸に戻ってきた。かつて土俵の鬼と呼ばれ、大関昇進を目前にした人気者だったが、やくざとの喧嘩のとばっちりで江戸払いとされたのだ。十五年...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード