【最新刊】BOSS

BOSS

堂場瞬一

572円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    メジャーリーグベースボール(MLB)のナショナル・リーグに所属するニューヨーク・メッツは、低迷が続いていた。テコ入れのため、ゼネラルマネージャー(GM)に、日本人の高岡脩二が大抜擢される。39歳の彼はそれまで、メジャーの数チームで編成を担当しており、その手腕をかわれて、日本人で初めてGMに起用されたのだ。「勝つ野球」のため、高岡は大胆なトレードを敢行。出塁率を重視する“スモール・ベースボール”で好発進したメッツを迎え撃つのは、高岡のかつての師で、アトランタ・ブレーブスの老練GM、70歳になるアーノルド・ウィーバーだった。グラウンドの裏側で組織(チーム)を率いる対照的な二人のBOSS。その熱い駆け引きの行方は?日本人初のGMによるメジャー制覇は実現するのか―-。野球小説であると同時に、様々なビジネスシーンで応用可能なリーダー論としても堪能できる傑作長編!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/12
    連載誌/レーベル
    実業之日本社文庫
    出版社
    実業之日本社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      米メジャーリーグの2人のGMが主人公。

      新進気鋭の若手日本人GM VS 老獪なベテランアメリカ人GM。
      この両者の対比がナカナカ面白い。
      各章が、この両者へのインタビューっぽい文章で始まる仕掛けもナ...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      組織の中で、如何にして人心を掌握して行けば良いのか?そんな視点のビジネス書としても面白い。
      読者として、高岡氏の行動を評価すれば、「ああ、ダメだよそれは」と思えるのだが、現実の世界で、自分は本当に同じ...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      選手でなくタイトル通り監督の物語。斬新、だよね?まあ、斬新ならいいってもんじゃないが、面白いんだから文句なし。

    開く

    セーフモード