【最新刊】父子十手捕物日記 夫婦笑み

父子十手捕物日記

著:鈴木英治

691円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お春から嬉しい報せを聞けたものの、幸せ満ちる間もなく、辻斬りの探索に奔る文之介。殺されたのは、大身旗本の松平駿河守が心酔する僧侶の中完だった。怪しげな家臣を抱える駿河守に目をつけた文之介と勇七は、隅々まで身辺を洗うことに―。その頃、一風変わった人形師の玄馬斎に用心棒を依頼された丈右衛門は、何者かに拐かされてしまい……。絶大な人気を博した代表作、ついに大団円。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/09/25
    連載誌/レーベル
    徳間文庫
    出版社
    徳間書店
    ジャンル
    歴史・時代
    • 父子十手捕物日記 全 18 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      父子十手捕物日記 全 18 巻

      12,291円(税込)
      122pt獲得

    レビュー

    • 2011/09/14Posted by ブクログ

      シリーズすべて大人買い。

      テンポが良く小気味いい部分と、
      しみじみと読ませる部分の緩急が絶妙。

      登場人物のキャラも魅力的。

      「もうちょっと読みたいなぁ」と思わせる巻数で完結するのも
      なかなか、で...

      続きを読む
    • 2008/08/12Posted by ブクログ

      ぼろぼろときてしまった。
      嘉三郎との対決で毎回おもしろい…!
      今回は、三増屋、文之介くん大ピンチ!
      ハラハラしっぱなし。

      最近勇七くんがきつねくんに見えて仕方ないよ。
      もちろんおおかみさんは文之介く...

      続きを読む
    • 2008/07/19Posted by ブクログ

      御牧親子の背中流しとか、掏摸の子どもたちへの対応とか
      最高!で、毎回恒例の喧嘩もステキ。勇七がキレた時の
      あの豹変ぶりが素敵だとおもう。

    開く

    セーフモード