AWAY-アウェイ- 2巻

完結

萩尾望都 原案:小松左京

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

―――きみたちは分水嶺を越えなきゃいけない!! 2033年3月末のある朝、世界が2つに分かれてしまった。18歳未満の子供達だけが取り残された世界、“AWAY”と、大人たちのいる世界、“HOME”。子供だけが残されたAWAYで、中学生の一紀と高校生の大介達は生きるために懸命だった。――――そして現れた「白い少年」。子供達に伝えられた衝撃の「世界の秘密」とは―――!?

続きを読む
  • AWAY-アウェイ- 全 2 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    AWAY-アウェイ- 全 2 巻

    880円(税込)
    8pt獲得

レビュー

レビューコメント(9件)
  • 2015/09/15Posted by ブクログ

    ついに明かされた世界の秘密。もう少し先まで描いて欲しかったけど、納得はした。亡くなった赤ん坊たちの爪と髪を切った気丈な一樹が、大介を3年待てずに飛比夫と子供を作ったのにビックリ。でもこの話で一番心に残...

    続きを読む
  • 2017/10/03Posted by ブクログ

     萩尾SFには全て「生殖」がからんでいる、という説を立てている。『11人いる!』しかり『銀の三角』しかり。
     『AWAY』も、その傾向が色濃く感じられる。ただ、原案『お召し』は未読につき、軽々に断定で...

    続きを読む
  • 2015/09/16Posted by ブクログ

    (2015.09.12読了)(2015.09.11購入)

    【目次】
    4月3日悪い宇宙人とママ【前編】
    4月3日悪い宇宙人とママ【後編】
    4月15日仏子沼えりか
    2034年11月11日河津克巳
    205...

    続きを読む
開く

セーフモード