【最新刊】日本経済のシナリオ

日本経済のシナリオ
1冊

著者:竹中平蔵 著者:高橋洋一

1,512円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

日本経済の「舞台裏」を知り尽くした最強ブレーン、竹中・高橋両氏が再タッグへ!!マスコミもエコノミストも知らない、2020年へのシナリオとは?これから先が見えてくる、ヤバすぎる経済会議!

続きを読む

レビュー

4.5
2
5
1
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/04/10Posted by ブクログ

    面白かった。政治の裏舞台をここまで赤裸々に語って大丈夫なのか!?とハラハラしてしまうような一冊。

    ハトに餌をやりに行くという表現が印象的。ハト=マスコミ、餌=官僚にとって都合の良い情報。官僚は自分の...

    続きを読む
  • 2014/11/01Posted by ブクログ

    役人は自分に都合の悪い人物を排除するときにもマスコミを利用する。
    経済学は見通せる未来を見渡しながら進める学問。
    東京都は25兆円の資産を持っている。これは並みの省庁よりはるかに多い。
    昔は大蔵省にも...

    続きを読む
  • 2014/10/13Posted by ブクログ

    このお二方の対談なので期待して読みました。
    期待通りの話も読めたし、経済の問題もわかりやすく書かれていました。
    あとは、あの当時に様々な政策を妨害した、人間の名前が知りたいなとは思いました。

セーフモード