【最新刊】人生に必要なものは、じつは驚くほど少ない――元気良く死に飛び込むための生き方指南

人生に必要なものは、じつは驚くほど少ない――元気良く死に飛び込むための生き方指南

帯津良一/やましたひでこ

1,144円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    健康×医療÷断捨離=「いのち」!?統合医療の権威、帯津良一医師(78)に、断捨離提唱者、やましたひでこ(60)が生きる「場」のととのえ方を聞いてきました!「いのちと死」をテーマにした対談本。「元気良く生きて死ぬための秘訣」は、思考や行動から余分なものを捨てていくことにあり!?

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/03
    連載誌/レーベル
    集英社ビジネス書

    レビュー

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      人生に必要なものは、じつは驚くほど少ない、がこの本のタイトルですが、最近になってやっと実感することができました。それを実感できるようになるには、何が自分にとって必要であるかが明確にできる、つまり、整理...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      人生は50歳くらいで自我が確立する。その後は死ぬまでエントロピーを捨て、方便も捨てていく。捨てるのはいやいやとかではなく、死んだら何も持ってけないから。
      50歳くらいからモノやコトの獲得に走っていると...

      続きを読む

    セーフモード