【最新刊】新装版 活路 (下)

新装版 活路

北方謙三

712円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人を斬りすぎたのか。強すぎる刺客、晴気竜行(はるきたつゆき)を無数の刀が狙う。同僚を斬られた高鳥源太は藩命を帯び、伯父を殺された左文字一角(さもんじいっかく)も狗(いぬ)と鷹(たか)を連れ、竜行との結着を願う。そして盟友だった兵庫の謀殺には驚くべき真相が秘められていた。剣に己を託す男たちの慟哭譜(どうこくふ)。北方剣豪小説の傑作。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/10/10
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 新装版 活路 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      新装版 活路 全 2 巻

      1,424円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 2012/10/28Posted by ブクログ

      高鳥源太と直井圭介の立ち合いがよかった。
      最後の一角と竜行の立ち合いもよかった。
      北方謙三の時代小説にはまりそう。

    • 2012/05/25Posted by ブクログ

      旗本小普請組の晴気竜行は、友のために刺客の命を受けた。仕合にて倒した老人の甥、左文字一角との旅と共闘。田辺藩の思惑とは…?剣と生きる男達の物語。
      活劇が好きな方向け。全体の大半が斬り合いのシーンです。

    • ネタバレ
      2018/12/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード