夜の眼

北方謙三

680円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    性に奔放な三十四歳の愛人・静子。あどけなさの残る二十歳の葉子。「性具」と「飼育」、岸波は二人の女との情事に溺れ、“小さな死”という名のオーガズムを求めて喘ぐ。死を求めながら、死に恐怖する。老いのとば口に立った一匹のオスが渇望する真のエクスタシーとは?社会の禁忌に触れる、衝撃の情事小説。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 2007/07/31

      購入者:治
      昔、ミュージックライフとホットドッグプレスを毎週購読していたころ恋愛相談をしていたのがこの本の作者の北方謙三である 
      購読者の悩みに答えていくといったページで
      男子には○ー○に行けといい
      ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード