エイ出版社の書籍 想定外の人体解剖学

エイ出版社の書籍編集部

1,200円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

「鳥肌は進化の名残り、もはや人にはいらない機能」 「ハイテクな脳も自分の痛みには気付けない」 「胃は実は必要ない!?」 「大きいおっぱいはただのムダ」―。 どんなコンピューターよりも優れた脳、 声帯を振動させて声を発することができる喉など、 私たちのからだは実によくできています。 しかし! 進化が進む中で、私たちのからだが想定していなかった 様々なことが起きた結果なのか、 前述のような「この機能はもはやいらないのでは?」 「なぜこんな構造になってしまったの?」という ふしぎな部分もあります。 そんな神秘なからだの中を覗いてみてはいかがでしょうか。 ●はじめに●序章 人間のからだはすごい●目次●第一章 実は不便で情けない? 想定外のなぞシステム●ハイテクな脳も、自分の痛みには気付けない!?●精巣は、外に付いているから痛い思いをする●肩はたくましいけど、骨の仕組みは弱っちい●肺は自分一人では膨らまない●自律神経は全然思い通りになってくれない●膵臓は五臓六腑に入れなかったかわいそうな臓器●腎臓はいったん壊れると復活できない●耳がなくても音は聞こえる●食べものをノドに詰まらせるのは人間だけ●人類にとって血糖値を下げるのは想定外だった●胃は必要ない!?●からだの中で迷子になる液体たちがいる●骨は骨折に気付かない鈍感なやつ●「よく噛んで食べなさい!」は消化に意味なし!?●鳥肌はもはや人にはいらない機能●吸った空気の3分の1は、実は使われていない●尿道が短い女性は膀胱炎の危険性大●同じ色を見続けるといつか眼がバカになる●小指と薬指はなぜか仲良し過ぎる●皮膚は熱過ぎても冷た過ぎても痛く感じる●筋肉は実力の半分も出していない●防御力が高い脳もアルコールには勝てない●苦い薬をせっかく飲んでも全部効くわけではない●脾臓は切られても問題ない?●臓器たちの魂の叫びがここにある! 珠玉の名言集●第二章 なぜそうなった? 想定外のムダシステム●初対決は必ず負ける!? 白血球は敵の弱点を知らないと戦えない●歯の種は、一生でたったの2回しか登場しない●記憶力は1回覚えたくらいじゃ良くならない●大きいおっぱいはただのムダ●痛みの中にはムダなものもある?●大腸は消化能力0だから、菌が不可欠●かき氷の“頭キーン”は、神経がテンパっているだけ●食べものは温度によって味が変わる●眼には見えない部分が存在するが、脳が勝手に捏造して補っていた●スネは誰にも守られない、かわいそうな存在●コラーゲンを食べても肌はプルプルにならない!?●耳の奥をいちいち開かないと飛行機での“耳がツーン”はなくならない●鼻はとてもデリケートなお姫様キャラ●おいしい! と感じるためには、味覚だけじゃ足りない●達人じゃなくても、動きを封じるには指1本で十分●脳は一番の大食い! しかも、食べたものを貯める機能がない●姿勢が悪いと軟骨が犠牲になる●色の濃いサングラスは眼に悪いってホント?●ほぼほぼ人体解剖図●第三章 やっぱりからだはよくできていた! 想定内のスゴいシステム●手と足の違いが人類進化のカギだった!●我慢したオナラはちゃんと口から出ていた●免疫細胞は小腸でスパルタ訓練を受けている●腎臓はからだの中のバランスを保つ調整役●眼には手ブレ防止機能が付いている●オシッコはペットボトル1本分ぐらいまでなら我慢できる●心臓は自力で動けるできたヤツ●脳の指示は待たない! 臨機応変王・脊髄●親指には筋肉が8つも付いている●音が音階で聞こえるのは、耳がそれぞれの音を聞き分けているから●眼が2つあるおかげで、広い視野で立体的に見える●あの海賊王のように伸びまくる子宮●胃は3日で元気100倍に!●耳は音を聞くだけじゃない! からだのバランスも保っている●お坊さんの足がしびれないのは変幻自在な動脈のおかげ●腸は“良い加減”に収まる変幻自在の魔術師●肝臓は一人何役もこなす万能選手●人類は住む環境に合わせて進化してきた●ゲップは胃にとっての救世主●腎臓は臓器の中で一番進化したスーパー秀才くん●人体 No.1選手権●人体解剖図・復習 もしも私たちが焼き鳥になったら……●おわりに●奥付

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード