実録! 熱血ケースワーカー物語

著:碇井伸吾

595円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

車の当たり屋として保険会社から金を取りながら、生活保護費の不正受給をもくろむ覚醒剤常習者との対決。鉄道自殺した高齢者の遺体との対面。六時間もかかるゴミ屋敷の清掃。一升瓶で頭を割られ、血だらけのアルコール依存症患者の引き取り……。関西の福祉事務所で生活保護受給担当を十三年間務めた、熱く、強く、優しいケースワーカーの記録。

続きを読む

レビュー

3.6
3
5
0
4
2
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/02/24Posted by ブクログ

    面白かった 行政の仕事は楽だ楽だと言われるがこれを読んでこういう仕事があることも理解して欲しい 生活保護の不正受給はもちろんいけないことだが本当に必要な人もいるし、それを見極めるにはケースワーカーは必...

    続きを読む
  • 2015/07/01Posted by ブクログ

    ケースワーカー時代の波乱万丈な体験を綴ったノンフィクション。大真面目な内容というよりは、居酒屋でおじさんが笑い話として話す武勇伝集(笑)プロフェッショナル仕事の流儀みたいなティストじゃなくて、2ちゃん...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2015/04/29Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています

セーフモード