長閑の庭 2巻

長閑の庭 2巻
完結

アキヤマ香

ドイツ文学教授・榊(64歳)への好意は“嗜好”なのか“恋”なのか…恋の定義に苦悶し、嫉妬心に戸惑う大学院生・元子(23歳)。そんな折に現れた榊の元妻・朝霧、元子に何かと絡んでくる助手の田中、田中に想いを寄せる元子の友人・樹里…各々の想いは交錯し――!?

続きを読む
  • 無料この巻を0円で購入する

    453円(税込) 0円(税込)
  • 長閑の庭 全 7 巻

    未購入巻をまとめて購入

    長閑の庭 全 7 巻

    2,265円(税込)

レビュー

3.5
2
5
0
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/04/26Posted by ブクログ

    一気にドロドロしてきた第2巻。
    思わせぶりな態度を取っておいて急に蹴落とす榊教授、なんて罪な人なんだ…。
    それぞれの登場人物の嫉妬心が交差して、読んでて重たい。。。シュヴァルツさんは陽のあたる世界に行...

    続きを読む
  • 2015/04/24Posted by ブクログ

    20代の女子大学生が心に抱えている大学教授への想い。大学教授も揺れ動いている気がするのですが、二人を取り囲む人たちの思惑や思い、関係も複雑に絡んできていて、今後どうなるのか気になります。複雑なのに、複...

    続きを読む
  • 2015/04/18Posted by ブクログ

    64歳の教授に恋する20代大学院生。

    教授への恋心の行方、そこに割り込むある人物との関係など、恋愛模様がテーマのまんがではあるんだけど、主人公自身の変化や解放、成長の過程もかなり大きなテーマなのかな...

    続きを読む

セーフモード