この度は御愁傷様です

宮本福助

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

松吉・竹子・梅夫の三兄妹は、幼少の頃から現在まで、破天荒な父に迷惑かけられっぱなしの人生を歩んできた。そんな父・坂上徳造が七十八歳の生涯を閉じた。これでもう父に振り回されることはなくなったと思いきや、父の本領はその死によってますます発揮されることに。父の遺言は「遺産分配はダーツで決めろ」。残されたいいトシをした三兄妹のいい迷惑な物語。どうにも懲りない人たちの笑って泣ける人間模様!!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.9
21
5
5
4
10
3
5
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2009/11/13Posted by ブクログ

    遺された家族、友人、はたまた生前の恋人の存在も発覚し、ハチャメチャなじいちゃんの遺書に振り回されながら、明るく遺産を整理していく。
    自分の葬式には酒を飲み思い出話に花を咲かせて欲しいという話を耳にする...

    続きを読む
  • 2009/10/23Posted by ブクログ

    亡くなった坂上徳造宅の片付けに来た子ども達と孫が、「1億円の遺産分配はダーツで決めろ」という遺言を発見。
    あらすじだけ見るとドロドロしたもののように思えるが、本当に笑える話。徳造を訪ねてやってくる人た...

    続きを読む
  • 2009/02/25Posted by ブクログ

    徳造じいちゃん、破天荒すぎ。面白すぎ。
    遺産1憶をダーツで決めるとか、それもほぼ当たらないダーツ。
    なんだかんだでみんなあったかくて、最後には笑ってる。
    買ってみてよかったな。
    2009.2購入¥35...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000306521","price":"660"}]

セーフモード