さようなら、いままで魚をありがとう

ダグラス・アダムス/安原和見

836円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    はるばる十万光年をヒッチハイクして、アーサー・デントがたどり着いた先は、なんと八年前に破壊されたはずの地球だった!!イルカが消えてしまったことを除いては、前と何も変わらない、この<地球>の正体は!?アーサーは、運命の恋人・フェンチャーチと共に、真相究明の旅に出ることに……。大傑作SFコメディ第4弾!

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/11/24Posted by ブクログ

      2013.11.22読了。
      アーサーの素敵なラブストーリー。彼女がこれまたかわいいんだ。アーサーも彼女のためにいろいろしてあげる姿勢がたまらなく良いし。だからどんどん読めてる。途中、作者からのメッセー...

      続きを読む
    • 2011/05/04Posted by ブクログ

      途中にあるビスケットの話は、夜中にも関わらず腹を抱えて大笑いしてしまった。
      シリーズの中では、一番地味なんだけど、これがあるからどうしてもはずせない。
      むしろ、この巻にあったのが、良かったと思う。

    • 2018/09/30Posted by ブクログ

      星図にも載っていない辺鄙な領域のさらに遥か奥地に小さい黄色い太陽がある。その太陽の周りを小さい青緑色の惑星が回っている。
      この惑星に住むサルの子孫は呆れるほど遅れていて、いまだにデジタル時計を生かした...

      続きを読む
    開く

    セーフモード