陰陽師 10巻

岡野玲子 原作:夢枕獏

895円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    内裏の大火によって心身を傷つけた博雅と共に愛護山へ向かった晴明。山上より、焼けた内裏がいかにちっぽけなものか博雅に見せる。都では道真の祟りだという流言もあるが、八坂の浄蔵を訪ねた晴明は、道真の背後にある存在を確認するが?「天文博士賀茂保憲冷泉院遷御に於いて反閇をつとめること」、新造内裏のために、陰陽地鎮の曲を舞うことを奏上すべく保憲を訪ねた晴明だが、前例のない提案に保憲は?「安倍晴明建禮門の前にて安摩を舞ふこと」の2編を収録。

    続きを読む
    • 陰陽師 全 13 巻

      未購入巻をまとめて購入

      陰陽師 全 13 巻

      11,263円(税込)
      112pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード