【最新刊】介護がラクになる「たったひとつ」の方法

介護がラクになる「たったひとつ」の方法

著:小山敬子

1,199円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    する側も、される側も、こうすれば「幸せ」になれる!驚異的な成果をあげている老人介護施設があります。「新報道2001」に2度も取り上げられ大反響を呼んだデイサービス「おとなの学校」です。その代表を務める小山先生は、それまで医者として取り組んできた介護医療ではこれからの介護問題は解決しないと一念発起し、独自の老人介護施設を立ち上げました。そして試行錯誤の末たどりついたのが「おとなの学校」だったのです。その「授業」が認知症を劇的に改善させています。そのエッセンスとノウハウを、親の介護をする家族向けにまとめたのが本書です。老人の場合、今日できることに手を貸してしまうと、明日はもうそれができなくなってしまう。歩こうと思っていない人を無理に歩かせようとすれば、転んで骨折をまねく。食べようとしていない人の口に食べ物を運んでもむせてしまい、嚥下障害を引き起こす。キーワードは「意欲」。何から何までお世話をしてあげることが素晴らしい介護なのではなく、いかに意欲をもって生活をしてもらうか。そこに焦点を絞れば、介護される方はもちろん、介護する側も劇的にラクになれるのです。これまでの介護の常識を、いっさい捨ててください――「意欲」をキーワードにした老人介護施設を展開し、「介護とは、人生と向き合うこと」と説く新時代のリーダーによる、まったく新しい介護の方法。*目次より◎介護がつらいのは「過介護」のせい◎高齢者ができることを奪ってはいけない◎家族の本当の役割とは何か◎介護生活は何年続くのか?◎そこに「意欲」はあるか?◎好きなものにはむせない?◎「来し方」が「行く末(死に方)」を決める◎最期にどこにいるかは問題ではない◎日ごろの悩みをズバリ解決する“介護なんでもFAQ”◎満足のいく人生のしめくくりをするために

    続きを読む
    提供開始日
    2014/09/26

    レビュー

    • ネタバレ
      2012/02/25Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています

    セーフモード