遣唐使 阿倍仲麻呂の夢

著者:上野誠

1,555円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    帝国・唐の重臣閣僚となった阿倍仲麻呂。その非凡な才は新生国家としての日本を体現する知そのものだった──。仲麻呂の生涯を貫く夢と、ただ一首だけ残された歌「天の原」の謎を、日唐交流史を背景に鮮やかに描く!

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    5
    5
    1
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/05/11Posted by ブクログ

      上野氏の著作を初めて読んだが、とても読みやすい。阿倍仲麻呂についてわかることとわからないこととを分けながら、しかし当時の状況がイメージしやすく、どんな人生だったか夢見られるようになっている。何度も読み...

      続きを読む
    • 2015/01/13Posted by ブクログ

      さいきん、近代以前の日本と外国との関係に対する興味がふくらみ、関連する本を読んでいます。
      この本は、西暦700年頃に生まれた阿倍仲麻呂の生涯を、万葉集の研究者が検証した一冊。
      中級貴族の家に生まれ、そ...

      続きを読む
    • 2014/08/10Posted by ブクログ

      遣唐使を経て、科挙に及第、皇帝から寵愛を受けるまでの高級官僚になった阿倍仲麻呂。遠い昔にこんな日本人がいたことにまず驚くが、そんな遠い昔を史実を調査し続ける研究者(著者含む)たちの情熱に感嘆する。

    開く

    セーフモード