【最新刊】遣唐使 阿倍仲麻呂の夢

遣唐使 阿倍仲麻呂の夢

著者:上野誠

1,584円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    帝国・唐の重臣閣僚となった阿倍仲麻呂。その非凡な才は新生国家としての日本を体現する知そのものだった──。仲麻呂の生涯を貫く夢と、ただ一首だけ残された歌「天の原」の謎を、日唐交流史を背景に鮮やかに描く!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/09/26
    連載誌/レーベル
    角川選書
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    4.1
    6
    5
    1
    4
    5
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/05/11Posted by ブクログ

      上野氏の著作を初めて読んだが、とても読みやすい。阿倍仲麻呂についてわかることとわからないこととを分けながら、しかし当時の状況がイメージしやすく、どんな人生だったか夢見られるようになっている。何度も読み...

      続きを読む
    • 2015/01/13Posted by ブクログ

      さいきん、近代以前の日本と外国との関係に対する興味がふくらみ、関連する本を読んでいます。
      この本は、西暦700年頃に生まれた阿倍仲麻呂の生涯を、万葉集の研究者が検証した一冊。
      中級貴族の家に生まれ、そ...

      続きを読む
    • 2014/01/30Posted by ブクログ

      最近読んだ本のどこかで、
      阿倍仲麻呂と李白等の交流について
      ちらりと触れられていたので、
      改めてその生涯を知りたくなって読んでみた。

      阿倍仲麻呂と言えば、
      遣唐使として唐に渡り、帰国が叶わなかった人...

      続きを読む
    開く

    セーフモード