【最新刊】入り婿侍商い帖(三) 女房の声

入り婿侍商い帖

3冊

著者:千野隆司 イラスト:浅野隆広

628円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    旗本家次男の角次郎は縁あって米屋に入り婿した。関宿藩の藩米横流し事件解決に助力した角次郎に、関宿藩勘定奉行配下の朽木升之助から極秘の依頼が持ちこまれる……。妻と心を重ね、米屋を再興していく物語。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/02/19
    連載誌/レーベル
    新時代小説文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    歴史・時代
    • 入り婿侍商い帖 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      入り婿侍商い帖 全 3 巻

      1,884円(税込)
      18pt獲得

    レビュー

    3.7
    13
    5
    3
    4
    4
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/23Posted by ブクログ

      遂に横流し米と、闇米で作られた地酒の事件が解決に。
      角次郎とお万季は本当の夫婦に。
      の上々吉の第3巻。
      今回も角次郎は大活躍!

    • 2019/12/23Posted by ブクログ

      角次郎は、祖父の法事に妻と義父と出向いた。
      父も母も嬉しそうだ。
      小口の貧乏人にも、分け隔てなく米を融通するので、今では遠い場所からもわざわざ大黒屋に米を買いに来る人で、朝から列ができる毎日だ。
      この...

      続きを読む
    • 2019/12/23Posted by ブクログ

      千野隆司さんのシリーズ。
      今回も物語の中には江戸の経済という情報が豊かに織り込まれている。

      跡取りの嫡男の他は、部屋住といい、婿の口がなければ
      一生仕事にもつけないそんな身分。
      たった1年の違いでも...

      続きを読む
    開く

    セーフモード