【最新刊】それなりのジョーシキ

それなりのジョーシキ

1冊

著者:玖保キリコ

475円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    タクシーの中で運転手から聞き出した、驚くべき入れ墨の歴史、突然、自分に憑依した極悪非道な別人格「よしこ」、カニバリズム(人肉食)の話題で大いに盛り上がるバーベキュー・パーティ、などなど……。ふと気がつくと、なぜか世間のジョーシキからちょっぴりはみ出てしまうキリコさん。でも彼女の目を通すと日常がとびきり楽しく見えてくるから不思議。横でハラハラドキドキ胸を痛める秘書Pを尻目に、今日ものんびりマイペース!人気漫画家が超シュールなイラストと共に綴る、キリコ流ハチャメチャ日常雑記。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/09/26
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    2.3
    3
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      今年も残り少ないのに、2年9ヶ月ぶりの再読に気づかず1冊分時間をロスしたので、反動で軽いやつ。

      我々の世代には「いまどきのこども」の作者である玖保キリコの、1993年頃からの角川系雑誌に掲載されてい...

      続きを読む
    • 2010/10/14Posted by ブクログ

      ゆるいエッセイ。
      好きな人のグダグダの深夜番組を見るように流し読む。
      新車が買える値段のパソコンを買って
      取材の申し込みが来るとか随所に時代を感じるけど、
      花柄のポットを厭うセンスや雰囲気のあるイラス...

      続きを読む
    • 2003/08/21Posted by ブクログ

      玖保キリコのそれなりのジョーシキを読みました。玖保キリコの面白おかしいエッセイ集です。ちょっとパワーが足りないかな、と言う感じがしましたが。そう言えば、今年新入社員できり子さんというひとがいたので、「...

      続きを読む

    セーフモード