analog 2019年9月号(65)

analog編集部

1,426円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “アナログ”でつながるオーディオと趣味をテーマとした世界で唯一の雑誌―。 「より良い音をゆっくりと楽しむ」「趣味の時間をゆったりと過ごす」という、様々なアナログ感覚溢れる趣味の本質に立ち返ります。アナログオーディオを核に、レコード再生に関する機器やレコード盤、そしてスピーカーなど、ハイクオリティなオーディオ製品、また、ビンテージオーディオ製品の背景にある物語と人、その魅力の紹介に加え、フィルムカメラ、楽器、酒、時計、車、おもちゃ(模型)、こだわりの道具といったものも取り入れ、アナログならではの、深みのある趣味の魅力的な世界も紹介していきます。 ※デジタル版には付録は付きません。 ●PR●YAMAHA/GT5000 忠実に突き詰めた「音の本質」●目次●Model of Cover―今号の表紙のモデル―●【特別インタビュー】渡辺貞夫―2019年を語る●レコード悦楽人登場!01:郁 子さん●レコード悦楽人登場!02:板橋俊明さん●レコード悦楽人登場!03:酒井佑弥さん●美しき音の彫刻●厳選!至福の銘品 音の五つ星物語●レコード再生に新たな発見をもたらすブランド最上位フォノEQ、登場●アナログと共に歴史を刻むブランド EMTの「いまを聴く」●【特集】「音」を刻む~音溝に挑み続けるカッティング&プレスのいま~●作り手と聴き手が語り合う「音」の魔力 行方洋一×永瀬宗重●お気に入りのアームをメインの位置へ!SP-10R用のターンテーブルベースが発売●“Play” and ”for Play”~ミュージシャンの“影”を追って~●定番モデルを針先バリエーション化したMC型の新たなエース●低出力FB型カートリッジの魅力を昇圧トランスと組み合わせて引き出す●40年の時を超えついに実現 光電型カートリッジ新旧対決●クリアな音質を追求し完成されたIKEDAのオールステンレストーンアーム●音質と超高剛性を高次元で両立させたトーンアームのプレミアムモデル●最新鋭の技術と情熱の結晶 内野精工、長岡工場を訪ねる●真空管メーカーが開発した300Bシングルアンプ TA-S01の里を訪ねる●人気の兄弟モデルPD-171A、151を徹底比較●銀河通信 第1号:天上の音楽を奏でる“GINGA”こだわりのパーツを徹底検証●“価格以上”の音を約束するティアック入魂のベルトドライブ機●もうひとつの注目すべきエントリーターンテーブル●バランス設計によるフルディスクリート構成の本格的なフォノイコライザーアンプ●圧倒的なまでのスピーカーの駆動力 現代プリメインの結晶といえる存在●Reed徹底研究:精緻なメカニズムを搭載したトーンアーム「5T」と「1X」を聴く●日本のオーディオ その「哲学」と「音楽」●オーディオリプラス集中試聴:カートリッジスペーサー●レコードクリーナーは“吸うか吸わないか”吸引派代表が「ハンル」と「ネッシー」を比較●高品位カートリッジの性能を純正トランスで十二分に引き出す●テクニクスのSL-1500Cをオヤイデのアクセサリーでグレードアップ●オーディオ哲学宗教談義●21世紀の新たなレコード再生へ 新たなカッティング針/再生針の開発が進行中●PR●菅野沖彦 ピュアオーディオへの誘い●揺るぎなき理想の完全フローティング伝送を実現 ゾノトーンのバランス・フォノケーブルの描写力●Recommended Products/FIDELIX●キヨト・コレクション “今はだめ、30秒まって!”レコードクリーナーの元祖?●いまこそクラシックカメラを楽しもう●プロの現場で重用されるユニークなアナログアクセサリー●アナログ系の敏感な伝送に好適 NCF Boosterシリーズ新製品を試す●柔らかな浸透力 時代と共に進化を遂げた最先端のホーン●プラタナスのMCカートリッジ「3.5S」に魅せられた理由を探る●ウイスキー、くつろぎの時●岡田稔仁のきょうはワイン日和●analog倶楽部●新潟&燕のオーディオ要所巡り●田中伊佐資がオリジナルを超越した復刻ホーン・システムを体験●寺島靖国のオーディオ散歩●撓う音●方形の宇宙●色彩豊かなアナログの音に豹変 この姿と支配から逃れられない●PR●クラシックの深海―まだ知らない音楽へようこそ●新製品Review●AETより構造、素材を徹底追求したカートリッジ専用の高品位ネジが登場●老舗ブランドから注目のターンテーブルが登場●まるでレコード店にいる感覚!あのディスプレイラックが復活●新譜REVIEW●和久井光司の「買わずに死ねるかッ!」●ペトレンコを首席指揮者に迎えたベルリン・フィルが挑む新ステージ●ビートルズvsローリング・ストーンズ アナログ復刻対決の行方は?●「レコード」を生業とする者たち:アカル・レコーズ●音楽の都、ウイーンの名店「Teuchtler」を訪ねる●オープンデッキに夢中●いまこそ甦るSPの真髄●究極のアナログ 音盤の誘惑●定期購読キャペーンのご案内●analog information●掲載ブランド問い合わせ一覧表●アナログの環●アナログ感覚グッズ愛読者大プレゼント●愛読者様アンケート●編集後記

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード