バトルスタディーズ 31巻

バトルスタディーズ 31巻

なきぼくろ

693円(税込) クーポン利用で346円獲得へ
1%獲得

6円相当(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayポイント付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 346(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

2022/09/30 23:59 まで有効

獲得

クーポンを変更する

春のセンバツへと続く秋季大会を間近に控え、新チーム最初の練習試合が行われた。相手は宮崎日難学園、1年時に寮を脱走しDLを離れた毛利率いるチーム。逃げ出した負い目は深く、DLメンバーとの再会に怯える毛利だったが、いらぬ心配かけつけ三杯。乗る船は違えど、夢に向かう苦労は同じ。弛まぬ鍛錬リスペクト。旧交を温めた新チーム初の練習試合に勝利したDLだったが、それでも新主将・丸井の覚悟は決まらなかった。いつまでたっても俯いたままの態度に、チームの雰囲気は秋の長雨、股間もジメジメ。湿った空気を引きずったまま、秋季大会は開幕。ライバル校をスタンドで観戦する丸井に、ボーイズ時代の後輩・雨谷が声をかけてきた。雨谷は1年生にして強豪・花忠社で注目を集めるスラッガー。DL学園に入部予定も、昨夏の不祥事で進路を変更していた。主将の重圧に先輩のタマが縮み上がっていることを察した後輩は、丸井の妹が兄への期待よりも心配を漏らしていたことを伝える。いつまでも同じところで膝を震わせている先輩へ、後輩からの強烈なビンタ。だっさいだっさい補欠の主将は、ピッカピカのお兄ちゃんになれるのか――!? そして来春DLの仲間になる新入生が初登場! 先輩たちに豪快な宣戦布告(ごあいさつ)かまして、初対面から一触即発――!! ロングセラーにしてなお重版続々! 作者自身が高校野球を通じて得た、生きる術を熱く叫び、野球ファンのみならず共感の嵐。野球を愛する全ての人たちに捧げます!

続きを読む