【最新刊】ときのいたずら 【千年紀2000(千年紀:ミレニアム)】

ときのいたずら

1冊

ケイト・ホフマン 翻訳:谷原めぐみ

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    すべての偶然が二人を結びつけた。これは運命なのだろうか?■千年紀を祝うパーティで、イザベルはマギーの言葉に耳を疑った。今夜十二時にコリン・スペンサーとの婚約を発表するというのだ。マギーが彼を愛していないことはあきらかだ。愛のない結婚から親友を救わなければ。もう一度話をしようとマギーを探しているとき、コリンと同じエレベーターに乗り合わせた。近くで見るコリンはとても魅力的で、思いがけず胸が高鳴った。そのとき突然エレベーターが止まり、二人は中に閉じ込められた。イザベルは彼もこの結婚に情熱を感じていないことを知って、大胆な賭を持ちかける。「エレベーターが動いたとき、上に向かえば、マギーと結婚する。下に向かえば、わたしとラスヴェガスへ行く。どう?」

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード