世界一やさしい精神科の本

斎藤環/山登敬之

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    発達障害、ひきこもり、対人恐怖、拒食症/過食症、解離、トラウマ、人格障害、うつ病、統合失調症…いまや精神科の知識は現代人にとって必要不可欠。心のケアの第一歩に、悩み相談の手引きに、そしてなにより、自分自身を知るために―。一人に一冊、はじめての「使える精神医学」。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/10/20Posted by ブクログ

      2014.10.20 ~P.36

      第一章「発達障害」

      学問的知性に遅れがなく、心理社会性に極度の障害が認められる問題をアスペルガー症候群と呼ぶ。発達障害は知性に欠陥がある病だが、人間の成長段階で開...

      続きを読む
    • 2020/05/18Posted by ブクログ

      内容がすんなり入るし、硬くない子どもでも理解できるような文章で非常にわかりやすい。精神疾患に興味がある人もない人も一度は読んでほしい内容。

    • 2014/09/02Posted by ブクログ

      精神疾患は、社会の影響をうけ時代とともに頻度や症状が変わります。
      現代社会では、典型的な統合失調症は減り、うつ病は増えていますが軽症化しています。
      発達障害や非社会的な存在としてのひきこもり、ニートな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード