薔薇忌

皆川博子

517円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    降りしきる薔薇の花びらに埋もれて死ぬことを夢見た劇団員(「薔薇忌」)、濃密な淫夢に日常を侵される歌舞伎小道具屋の娘(「紅地獄」)、元スター歌手の再起に賭ける芸能プロデューサー(「化鳥」)……舞台芸能に生きる男女が織りなす世界を、幻想的な筆致で描いた珠玉の短編集。著者の独創性を世に知らしめた柴田錬三郎賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/01/05Posted by ブクログ

      久し振りの皆川博子さん、さんといっていいのか今年で85歳になられた今まで10指に余る賞を受けて、文化功労者にも選ばれた。
      多くの作品は、幻想的と冠がつく、長編小説、切れのいい短編(それでもなお妖しい)...

      続きを読む
    • 2019/11/17Posted by ブクログ

      初めて読んだ皆川作品。衝撃を受けたが、著者の他作品を読んでいくうち、かなりライトなほうだと知った。皆川博子入門にいいかも。過激さは抑え目でただただ美しく、幻想的。

    • 2014/07/22Posted by ブクログ

      演劇をテーマにした短編集。
      演劇と皆川博子なんて、相性が良すぎる。
      この人の作品はいつも息が詰まる、いい意味で。

    開く

    セーフモード