【最新刊】こなもん屋うま子

こなもん屋うま子

田中啓文

539円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    その店は、大阪のどこかの町にある。仕事に、人生に、さまざまな悩みを抱える人びとが、いかにも「大阪のおばはん」の女店主・蘇我家馬子(そがのやうまこ)がつくる、たこ焼き、お好み焼き、うどん、ピザ、焼きそば、豚まんなど、絶品「こなもん」料理を口にした途端……神出鬼没の店「馬子屋」を舞台に繰り広げられる、爆笑につぐ爆笑、そして感動と満腹(!?)のB級グルメミステリー!日本コナモン協会会長・熊谷真菜氏も太鼓判!読んだら必ず食べたくなります!ちなみに、「こなもん」とは……小麦粉を使った料理の総称を指す大阪弁。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/09/19
    連載誌/レーベル
    実業之日本社文庫

    レビュー

    • 2013/09/23Posted by ブクログ

      久々のヒットでした!
      最後まで読まないと主人公の背景がわからないのですが、それもすごいなと思ったし、
      馬子の作る料理がものすごく美味しそうで、その描写がすばらしいです!

      それと、読んだ後に気分がスッ...

      続きを読む
    • 2017/12/17Posted by ブクログ

      登録を忘れていました。おもしろすぎるのひとこと。こんな粉もんやいきたーい。ここから田中さんの本を読み漁りました。私に合わないものもありましたが、鍋奉行シリーズと粉もんやシリーズは最高です。人情あり、謎...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/09/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000304321","price":"539"}]

    セーフモード