あなたにつながる記憶のすべて

小手鞠るい

1,408円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    過去に愛した、今は会えないあなたへ――『欲しいのは、あなただけ』『美しい心臓』……恋愛の真実を追い求め続ける著者による鎮魂歌。「未来から現在へ、現在から過去へと時の流れを遡り、立ち上がってくる記憶と声に身をゆだねながら、愛しい人の不在を、私は「存在」として書く――」。職場の後輩だった女の子、はじめての仕事をくれた編集者、何通もの手紙をやりとりして別れた人、若くして旅だった詩人、亡き祖母、大好きな仕事のパートナー……亡くなってしまった、音信不通の、今はもう会うことのできない人々への思いを、記憶だけをたよりに綴る私小説的短編集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/10/12Posted by ブクログ

       ・・・生きている人を愛するように、亡くなった人を愛し、亡くなった人のことを書きたい。死んでしまった人のことを「今」によみがえらせたい。
       死者と過去を、生者と現在のように、見つめたい。なぜなら、わた...

      続きを読む
    • 2013/11/15Posted by ブクログ

      図書館で話題の本となっていたので借りたのですが・・・

      「図書館で借りるな」「買って読んで」
      そうですよね^_^; 作家さんからしたら「読んだ」より「買ったよ」のが嬉しいかも
      出来る事なら買って読みた...

      続きを読む
    • 2013/11/13Posted by ブクログ

      友達というほど近しくはないけれど、人生の様々な場面で出会い、その後会うことのない人たちを想う短編集。
      どの短編からも死の香りが漂うけれど、暗く悲しい物語ではない。
      一期一会、出会いに感謝する私小説。

    開く
    [{"item_id":"A000304289","price":"1408"}]

    セーフモード