こんどこそ! わかる数学

新井紀子著

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小学校・中学校時代には,算数・数学に興味関心を持つどころか大嫌いだったという著者.それだからこそ,大学は法学部に進んだのに,なぜか予想に反して数学者になってしまう.そんな著者が自身の悲惨な経験を踏まえ「もし中学生に教える機会があれば,こんな教え方をしてみたい」と思い立って書いたのがこの本だ.数学イメージが変わる.

    続きを読む

    レビュー

    • 2007/10/07Posted by ブクログ

      20071008


      引用・ポイント
      (応用ができるためには何に注意すればいいのか?)


      それは、定義をしっかり理解することです。・・・なぜこんな定義がでてきたのか、この定義でどんなことを表現したい...

      続きを読む
    • 2007/07/11Posted by ブクログ

      せんせいに薦められた本第2弾。ちなみに第1弾は「社会学入門」。うーん…何かが違う。確かにあたしは数学できないんだけど、でも、実は数学的な思考とか全然嫌いじゃなくて、Σの式とか美しいと思う。しかし問題は...

      続きを読む
    • 2010/02/06Posted by ブクログ

      数学ができないと人生がうまくいかない、ということはない。ただ数学の方法を意識的に練習して身につける方がハッピーだと思う。
      意外なことに数学の構えに一番近いのが、法律。

    [{"item_id":"A000304273","price":"1320"}]

    セーフモード