エイ出版社のアウトドアムック トレッキング実践学 改訂版

エイ出版社のアウトドアムック編集部

1,500円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

2010年に初版が発行された『トレッキング実践学』は テント泊を軸にした内容でしたが、 この“改訂版”では日帰り登山や山小屋泊にもフォーカスし、 より多くの人の参考になる内容にリフレッシュしました。 また山中で活用できるスマートフォンアプリをはじめ、 携帯トイレやヘルメットがますます普及したことなど、 ここ数年で顕著になった山の「常識」にも 焦点を当てているのも改訂した点のひとつです。 それらの新規内容に加え、各章に挿入したコラムも一新し、 継続して掲載した文章も読みやすく整理して 改訂前の『トレッキング実践学』をお読みになってくださった方にも、 改めて手に取っていただけるのではないかと自負しています。 ●グラフ「トレッキングの世界」●プロローグ●目次●CHAPTER 1 計画を立てる●トレッキングの計画はシミュレーションから始まる●トレッキングの始め方●トレッキング力をつける5カ条●さまざまな山の難易度●コース設定とテーマ登山●季節との関係性●地図を活用したルート策定●情報収集は効率よく確実に●COLUMN 1 「古い地図」のおもしろさ●CHAPTER 2 バックパックと内部の「荷」●衣食住をすべて積みこむ●基本となる装備●バックパックの選び方●「5キロ軽く」感じさせるフィッティング●高密度パッキング●アイデア集●COLUMN 2 今でも大きなバックパックで●CHAPTER 3 「衣」のそろえ方●大切なのは“乾いていて温かい”こと●「衣」の計画●「乾燥」「防水」「保温」●「雨」に備える●体温を保つ、風を遮る●下半身は動きやすさで勝負●ウェアリングの完成度を高める●ダイレクトに地面とつながる●アイデア集●COLUMN 3 ショートパンツでもいいじゃないか●CHAPTER 4 山の「食」●エネルギー補給と食べる楽しみ●食料計画を立てる●主食を考える●行動食とは?●山中での調理器具●ナイフとカトラリー類●アイデア集●COLUMN 4 なにはなくても、柿の種●CHAPTER 5 「住」のそろえ方●テント泊山行ができればトレッキングも上級に●山小屋と避難小屋●テントの主要4タイプを知る●基本のテントはダブルウォール×自立型●山の寝具、寝袋とマット●住の生活用具●アイデア集●COLUMN 5 車中泊とテント泊●CHAPTER 6 小物のそろえ方●「なくてもいい」ものも大切だ●ライトと電子機器●歩行をサポートする道具●アイデア集●COLUMN 6 山で使うカメラ●CHAPTER 7 歩行術●トレッキングを成功させる想像力●1日のタイムスケジュール●出発前のストレッチ●歩き方の基本●登り道●下り道●休憩の取り方●読図の基本●危険地帯の通過●ルートファインディングのコツ●スマートフォンとアプリの活用●アイデア集●COLUMN 7 「自分勝手」なペースで、山を歩く●CHAPTER 8 生活術●自分の力を試す場所、山の宿泊地●テントの張り方と場所選び●テントの張り方のテクニック●テント内の生活と撤収の方法●主食の実例集●水を手に入れる●山小屋に泊まる●山小屋の利用●アイデア集●COLUMN 8 忘年会と避難小屋●CHAPTER 9 危機管理術●目標達成の基準は、無事の帰宅●登山届と山岳保険●山特有の天候と自然条件への対応●ファーストエイドキットと体の管理用具●山特有の病気●ケガの対応●危険な生物●道迷いとビバーク●道具の応急処置●アイデア集●COLUMN 9 ハブにやられた●CHAPTER 10 ローインパクトとルール&マナー●ノー・インパクトは不可能でも……●登山道で●キャンプ地で●交通機関、山小屋で●トイレという大問題●ゴミの問題●COLUMN 10 口止めをするくらいなら……●CHAPTER 11 トレッキング上級者への道●帰宅後にやること、考えること●道具のメンテナンス●記録と思い出を残す●ステップアップの方法●グループ山行とソロ山行●トレッキングのバリエーション●これからのトレッキング●エピローグ

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード