酸素は鏡に映らない No Oxygen,Not To Be Mirrored

著:上遠野浩平

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    ひとけのない公園に落ちていた一枚の幻の金貨。それを手にした小学5年生の高坂健輔(こうさかけんすけ)にオキシジェンと名乗る奇妙な男は語った。「もしも……力が欲しいのなら……それを探してみるといい……面白いところに、糸がつながっている――」と。男の言葉は未来への鍵か、それとも禁断の邪悪な扉か?秘宝を探し求めて、少年は不思議な冒険をはじめる。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    19
    5
    0
    4
    6
    3
    13
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/12/22Posted by ブクログ

      読んだんですけれども、どんな話だか忘れました…なんだか中二病というのか、青年期の不安みたいなものが表現されていたんじゃないかと…思うんですけれども、思えば著者の「ブギポシリーズ」だってアレですよね、青...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/11/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/11/13Posted by ブクログ

      児童書と捉えていいのかライトノベルと捉えていいのか。
      主人公は少年。ボーイミーツガールもあって成長物語もあるけど、でもそれは少年の話じゃなくて。
      少年は少年で「世界を支配する力」を手に入れて、これから...

      続きを読む
    開く

    セーフモード