レッド 1969~1972 5巻

完結

山本直樹

648円(税込)
ポイント 6pt

決行される殲滅戦。国家権力の象徴である警官殺害を目的とした戦いは、若者たちにとって正義であり、殺された仲間の復讐でもあった。大義名分のもとに行使される暴力は彼らを少しずつ狂わせていく――。その正義は意思を持ったように暴力の触手を内と外に伸ばす。果たして革命の業火は次に誰の身を焼くのか――!?第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞※単行本に収録されている山本直樹と革命者連盟・恵那による架空対談はこの電子書籍版には収録されておりません。ご了承下さい。

続きを読む
  • レッド 1969~1972 全 8 巻

    未購入巻をまとめて購入

    レッド 1969~1972 全 8 巻

    5,184円(税込)

レビュー

3.6
3
5
0
4
2
3
1
2
0
1
0
  • 2013/10/03Posted by ブクログ

    1969年の安田講堂が陥落し、全共闘運動は衰退していく。 そんな中、活動を過激化させていく革命者連盟は、赤色軍と協力関係を築き武装闘争を続けていこうとするが……。 連合赤軍の事件を山本直樹が漫画化。...

    続きを読む
  • 2011/05/12Posted by ブクログ

    話の進み具合としては“嵐の前の静けさ”かな。 この作品では、記号化された死亡フラグがネタバレではなくて緊迫感を生むという点に驚かされる。特にこの5巻は、前の巻を受けて「で、次は?」と思いながら読んで...

    続きを読む
  • 2011/03/07Posted by ブクログ

    前の巻で「処刑」が始まり、いよいよか…と思ったら、あまり進まなかった。 巻末の対談は興味深く読めた。

もっと見る

セーフモード