「子育て」という政治 少子化なのになぜ待機児童が生まれるのか?

著者:猪熊弘子

691円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    待機児童問題の真実とさらに早まる“保活”の現実2013年に話題となった神奈川県横浜市の待機児童ゼロ達成。実はこれにはウラがあった――。保育所の補助金や児童館、学童保育、そして予防接種ひとつをとっても、すべて国会や地域の議会で決められる。子育てと政治は密接な関係にあるのだ。子育ての現場を長年取材してきた著者が、「子育てとそれに対する政治の対応」を多くのデータを交えながら検証し、日本の子育てを考える。保育新制度の認定区分などの中身や問題点にも触れる、保育関係者必読の書。帯には、哲学者・國分功一郎さんからの推薦文を掲載。●横浜市「待機児童ゼロ」の真実●待機児童の歴史●待機児童はなぜ生まれるのか?●待機児童と保育事故●さらに早まる?「保活」の現実●「待機児童一揆」はなぜ起こる?●保育士不足と待機児童●保育所という命綱●保育新制度は子育て世代を幸せにするか?猪熊弘子いのくま・ひろこ/ジャーナリスト・東京都市大学客員准教授/日本女子大学卒。主に就学前の子どもの福祉や教育、女性や家族の問題を中心に取材・執筆、翻訳を行う。『死を招いた保育』(ひとなる書房)で、日本保育学会第49回日私幼賞・保育学文献賞を受賞。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    11
    5
    1
    4
    7
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/11/11Posted by ブクログ

      自分が将来子供が欲しいと考えているので、現実を知るにつれて読み進めるのがとても辛かった。
      サブタイトルにもあるように「少子化なのになぜ待機児童が生まれるか」ということについて具体的に書かれていた。保育...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/04/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/07/06Posted by ブクログ

      「日本死ね!」のブログが話題となった今年前半。
      匿名だからと首相が言えば、皆が猛抗議。
      確かに現実を直視しているとは言えない発言だった。
      しかし、この待機児童問題は当事者になってみなければわからない問...

      続きを読む
    開く

    セーフモード