ぼくらは怪談巡礼団

著者:加門七海 著者:東雅夫

1,512円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    日本各地に伝わる怪談の舞台を、加門七海と東雅夫と怪しい仲間たちが探訪。岐阜山中で、遠野の宿で、一行を待ち受ける怪奇現象の数々。迫真の怪談紀行にして名作ガイドでもある、かつてないトラベル・ブック、誕生!

    続きを読む

    レビュー

    4
    5
    5
    2
    4
    2
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/21Posted by ブクログ

      怪談文芸散歩の面白い版でした。
      色々多角的で、うーん、見えなくても、土地の障りを感じてしまうことはあるんだなぁ。
      自分そういうのに全く気付かない派なので、面白そうでいいなぁ。

      紹介されているところに...

      続きを読む
    • 2017/01/09Posted by ブクログ

      普通に怖い話が好き、というレベルではディープ過ぎてついていけないかもしれません。オカルトマニアの域でないと。
      私は怪談の由来や背景にあまり興味を持たない方なので(話そのものが面白ければ良いタイプ)、説...

      続きを読む
    • 2014/08/28Posted by ブクログ

       いいね、加門さんいつもいきいきしている。
       怪談、オカルト関連で生き生きしている事ってちょっとないよね。大体は恐怖が前面に押しでてしまっているのだから、でも加門さんが絡むとそういう雰囲気が飛んでしま...

      続きを読む
    開く

    セーフモード