魯迅 ──中国の近代化を問い続けた文学者

筑摩書房編集部

1,155円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    水に落ちた犬は打つべし。一切の妥協を許さず容赦なく旧社会の儒教道徳や「正人君子」を批判し続けた中国近代文学最大の功労者の生き方を考える。「水に落ちた犬は打て」「私は人をだましたい」あの『故郷』の作家は、私たちに何を突きつけるのか。

    続きを読む
    • ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉 全 20 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉 全 20 巻

      23,100円(税込)
      231pt獲得

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード