【最新刊】サイモン・アークの事件簿5

サイモン・アークの事件簿

5冊

著:エドワード・D・ホック 訳:木村二郎

1,119円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    風変わりな人々や事物が関わる奇妙な事件の起こるとき、謎の男サイモン・アークは現われる。あるときは超常現象研究者、またあるときは私立探偵として。大勢の警官が監視する中、焼死したはずの男が成し遂げた不可能犯罪、ブラジルの海岸で見つかったミイラのように防腐処理された死体の謎、現代ニューヨークに住まう魔女が生み出した回転ドアの密室、大洪水に備えて砂漠で箱船を造る男の周囲で発生した殺人……暗黒の事象と犯罪が交差する怪事件を、オカルト探偵が明晰な推理力で解いていく8編を収録した、圧巻の第5短編集。日本オリジナル編集。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/12/26
    連載誌/レーベル
    創元推理文庫
    • サイモン・アークの事件簿 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      サイモン・アークの事件簿 全 5 巻

      5,091円(税込)
      50pt獲得

    レビュー

    3.6
    43
    5
    6
    4
    17
    3
    20
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/18Posted by ブクログ

      サイモン・アークの第三作。

      今更ながら、表紙が素敵。
      放射能やら水中溶接やら登場して、驚いた。

      一番面白かったのは「ツェルファル城から消えた囚人」。
      四か国で共同管理されていたベルリンの城の中庭か...

      続きを読む
    • 2020/02/08Posted by ブクログ

      サイモン・アークの第二作。

      「百羽の鳥を飼う家」が面白かった。
      ロンドン北部に老姉妹が住む家に百羽の鳥が飼われている。
      姉妹のうち一人が殺され、同居人のパン職人が疑われるが、
      アリバイがある。
      謎を...

      続きを読む
    • 2020/01/30Posted by ブクログ

      怪盗ニックと同じ作者だったので。

      サイモン・アーク、千五百歳ぐらいの元コプト教の僧侶にして、
      悪魔を求めて世界を旅する男。
      墜落した飛行機を捜しにエジプトの砂漠へ向かったり、
      オオカミを撃ったはずが...

      続きを読む
    開く

    セーフモード