【最新刊】わたしは誰の子? : 父を捜し求める日系二世オランダ人たち

わたしは誰の子? : 父を捜し求める日系二世オランダ人たち

著:葉子・ハュス-綿貫

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。クラウディーネとナニー、そしてモリーは、第二次大戦中日本軍の占領下にあった「蘭印」(現インドネシア)で、日本人の父と蘭印系オランダ人(インドネシア人とオランダ人の混血)の母から生まれた。父とは戦後すぐ生き別れとなり、そののち母に連れられて見知らぬ祖国・オランダに渡る。彼女たちは、本当の父の愛情はおろか存在すらも知らないまま育った。本書は、人間としての存在価値を求めて苦悩する彼女たちの、心の旅の記録である。

    続きを読む
    ページ数
    189ページ
    提供開始日
    2014/09/19
    連載誌/レーベル
    教科書に書かれなかった戦争

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      畏友、葉子・ハュス・綿貫さんの本。
      ひょんなことからオランダ人と結婚してオランダ在住になった彼女がインドネシア系中国人から話しかけられて、日系二世オランダ人と知りあうことから話は始まる。そして彼らとの...

      続きを読む

    セーフモード