かごめかごめ

池辺葵

1,166円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

語られない想い。満たされることのない心。彼女たちは何に己を捧げ、仕えるのか?静謐で美しい光の中に見え隠れする不穏な世界。『どぶがわ』『繕い裁つ人』の著者が全篇フルカラーで魅せる、修道女の愛の讃歌。置き去りにしてきた喪失感とひきかえに、わたしがたどりついた場所。「Championタップ!」にて掲載された作品に描きおろしエピソードを追加し、全ページカラーで単行本化。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.1
8
5
3
4
3
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/05/28Posted by ブクログ

    無言と静寂が欲望を雄弁に語る美しい作品。祈りと裏切りの狭間で続いていく日常は、危ういバランスで成り立っているのかもしれないけれど、自分の脆さを分かった上でなお、そこに立とうと決めることで続いていくのか...

    続きを読む
  • 2015/05/04Posted by ブクログ

    自分で自分を許すしかない。自分で自分を癒すしかない。自分で自分を認めるしかない。

    でも、考えてみれば「ゆるし方」を習ったことはない。だから、作中にその道標として拝読する祈りがあることを、少しうらやま...

    続きを読む
  • 2015/03/18Posted by ブクログ

    静かな夕暮れの映画を見ているようでした。
    マルエナの穏やかながら毅然とした生き方。
    その内側にある、誰も気付かない熱い慕情。

    とにかく色が本当に綺麗です。
    開いたページに今、夕陽や朝陽、午后の強い太...

    続きを読む
開く

セーフモード