ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記―(新潮文庫)

小林和彦

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    早稲田大学を出てアニメーション制作会社へ入ったごく普通の青年がいた。駆け出しながら人気アニメ作品の演出にも携わるようになったが、24歳のある日を境に、仕事場では突飛な大言壮語をし、新聞記事を勝手に自分宛のメッセージと感じ、また盗聴されている、毒を盛られるといった妄想を抱き始め……。四半世紀に亘る病の経過を患者本人が綴る稀有な闘病記にして、一つの青春記。

    続きを読む
    • ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記―(新潮文庫) 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記―(新潮文庫) 全 1 冊

      693円(税込)
      6pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(74件)
    • 2013/02/17

      ここ一年で一番心揺さぶられた一作。私は、自分もいつか狂ってしまうかもしれないという恐怖におびえ、人はいつでも狂えるのだと確信していて、同時に、おびえている限り来るってしまえないと諦観しているこの愚かさ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2014/04/01

      【読んだきっかけ】
      著名ブロガーこと、『ちきりん』の日記から派生。
      本書を読む前に『統合失調症 愛と憎しみの向こう側』という著書(これまたちきりんの日記から派生)を読んだ。統合失調症を患った妻を支える...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2012/01/09

      統合失調症の患者自身の手によりまとめられた自伝および症状の記録。

      数年前に、ネットウォッチとかいって(悪趣味だが)見ていたゆきまさの「ナミダノイロハキット」というブログを思って手に取った。
      ゆきまさ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード