ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記―(新潮文庫)

小林和彦

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    早稲田大学を出てアニメーション制作会社へ入ったごく普通の青年がいた。駆け出しながら人気アニメ作品の演出にも携わるようになったが、24歳のある日を境に、仕事場では突飛な大言壮語をし、新聞記事を勝手に自分宛のメッセージと感じ、また盗聴されている、毒を盛られるといった妄想を抱き始め……。四半世紀に亘る病の経過を患者本人が綴る稀有な闘病記にして、一つの青春記。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード