【最新刊】悲恋歌

風烈廻り与力・青柳剣一郎

小杉健治

792円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「鬼に喰われた」祝言の夜、花嫁が密室から忽然と姿を消した事件を、人々はそう噂した。部屋には、曰くある鬼の画が掛けられていたのだ。流言を危惧し、探索に乗り出した南町奉行所与力・青柳剣一郎だったが、密室の謎が立ち塞がる。そんな折、花嫁消失に加担したと思しき女の、喉を裂かれた亡骸が見つかり……。風烈廻り与力・青柳剣一郎シリーズ、威風堂々の第五十巻。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/08/28
    連載誌/レーベル
    祥伝社文庫
    出版社
    祥伝社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 風烈廻り与力・青柳剣一郎 全 50 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      風烈廻り与力・青柳剣一郎 全 50 巻

      33,979円(税込)
      339pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/09Posted by ブクログ

      やっと新刊を読むことができた。

      青柳剣一郎のクールで、人情深く、カッコイイお話。

      今回も、もちろん期待以上。

      5年前、盗賊鈴鹿一家を捕らえた同心、坂上吹太郎は綺麗で思慮深いお静と幸せに暮らしてい...

      続きを読む
    • 2019/05/28Posted by ブクログ

      もう!!なんて素敵なお話なのでしょう。
      伽羅の香りのする鬢付け油が大評判で、人気の錦屋。
      その主人卯三郎は、人のものが欲しくてたまらなくなる性分だという。それ以外は、腰も低く穏やかで商人としても有能だ...

      続きを読む
    • 2019/05/19Posted by ブクログ

      今回の話は、人の善の面と悪の面を主題にしている。
      強風の多い頃、付け火の未遂事件が2回続く。
      牢の解き放ちを目的の付け火か?と捜査が始まる。

      事件に関係のある何人かの捜査内容をもう一度さらうことに。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード